So-net無料ブログ作成

グランフォンド亀山温泉ホテル2017ライド~後編~ [その他]

昨日の続きです。

清澄寺を出発して、亀山湖まではほぼ下り基調[グッド(上向き矢印)]

順調に進めば、雨にも降られず2時ピッタリに着いて、ゆっくり温泉に浸かれるとガンガンに攻めてペダリングをしていきます[手(チョキ)]

ちょうど鴨川市から君津市への市境の標識が見える登り坂が出てきました[exclamation]

「ガンガン行こうぜ」状態なので、一気にダンシングで超えようと立ち漕ぎをし始めたら・・・・

まさかの・・・・

両脚、太股が攣る[どんっ(衝撃)]

どうすることもできず、立ち転け[爆弾]

右に傾き、スローモーションの中、ディレーラーだけは守らねばと、右手を地面につきながら左手でハンドルを切り、ディレーラーが地面に接触するのを防ぎました[手(チョキ)]

クリートはコケながら外れたのですが、両脚が攣った状態でしばらく動けず[あせあせ(飛び散る汗)]

1分くらいしてなんとか起き上がり、自転車を起こして状態を確認します[目]

すると、パッと見は何でもないのですが、ハンドルを左右に切ることができない[たらーっ(汗)]

何が起こったのかしばらく解らず??

IMG_1349.JPG

フロントブレーキのルーティングが、フレーム下を通って動かずことができない[exclamation&question]

仕方なくブレーキを解放し、ワイヤーを緩めるとなんとかハンドルを左右に切ることができる[ぴかぴか(新しい)]

IMG_1348.JPG

※写真は現場ではなく、後で撮ったものです※

ただこの状態では、フロントブレーキが使えません[がく~(落胆した顔)]

そうこうしていると、[雨]が降り出しました。

雨の下り基調の中、フロントブレーキが使えないで走るのは危険過ぎます[exclamation×2]

DNFも仕方なしですが、携帯を見ると圏外[むかっ(怒り)]

意を決して、時速10キロでリアブレーキを常に効かせながら走ることに。

IMG_1333.JPG

風で倒れた自転車は、このことを予期していたとは[ダッシュ(走り出すさま)]

タラタラ、タラタラ。

それまで、30~40キロでガンガンに走っていたツケが・・・

体は正直だったようです。

自分の今の限界を知りました。

雨の中、ウィンドブレーカーを着て、慎重に走りながら、なんとか2時半に戻って来られました[手(パー)]

IMG_1347.JPG

びしょ濡れの中、フロントでお金を支払って、温泉に入るためのタオルと完走証をいただきました[ひらめき]

さぁ、楽しみにしていた温泉です[いい気分(温泉)]

しかし、またしても悲劇が待っていようとは・・・・

すみません、続きは~おまけ編~として、明日書きます[ペン]


にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。ポチッとお願いします。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。